水を買う時、ウォーターサーバーが選ばれる理由

水を買う時の選択肢って

水道水を直接飲んでいたのはもう昔のことで、今はいろいろな方法で水を購入できます。主だったものだけでも、ペットボトルの水、冷蔵庫に入れて置く水差しタイプの浄水器の水、水道に取り付けるカートリッジタイプの浄水器の水、スーパーマーケット等でよく見かける手持ちのタンクで購入する水、ネット通販等で地方採水のおいしい水を購入する人や、ウォーターサーバーのレンタルを選ぶ人もいます。どれも水を手に入れる方法ですが、かかるコストも品質もそれぞれいろいろですね。

結局どの水がいいんでしょうか

「どの方法で水を購入するのがいいのか」という基準は、一言では言い表せません。少し考えただけでも、「おいしい水であること」「ミネラルが含まれていて体にいいこと」「コストがかかりすぎないこと」「自然環境に配慮したパッケージであること」などの条件が考えられます。いろいろな基準で水は選ばれていて、味や栄養については一言では言えませんが、水を選ぶ時に見逃してはいけないのが、「パッケージ」と「運ぶためのコスト」です。

高品質かつローコストで環境にも優しい水

ウォーターサーバーを選ぶ人が増えているのは「おいしさ」「栄養面」といった点に注目している人の中でも、この「コスト」「環境への配慮」という点に着目している人が増えているから、というのが理由のようですね。ペットボトルの水はエコっぽい商品だとしてもそのボトルがごみとして出ますし片付けも面倒です。浄水カートリッジも数ヶ月に一回の交換が必要ですよね。スーパーや商業施設のタンクで買う水はそもそも「自分が運ばないといけない」というコストがかかります。そこへいくと、容器がリユースされていて、自分で運ぶ手間も無いウォーターサーバーを選ぶ人が増えているのも納得できますね。

ウォーターサーバーを利用すれば美味しい水をのむことが出来ます。これを導入するためには料金がかかります。